HOME>オススメ情報>感性を磨くトレーニングを学生のうちに積み重ねておくこと

仕事の進め方の基礎から学ぶ

女性

スタイリストとして仕事をする上で大切なことは、仕事のフローをできるだけ早く理解することです。スタイリストはCM撮影から雑誌の撮影、そしてテレビの現場など幅広い場所で活躍します。仕事の現場というのはスタイリストだけではなくカメラマンや様々な仕事に従事する人が携わっています。そのような中で円滑に自分に与えられた仕事をこなすためには、チームワークとスピーディーな調整能力が求められます。専門学校では、これらの一連の流れをスタイリストワークとして基礎から教わることになります。写真撮影などはスタイリストのセンスとスピード感が求められるので、学生のうちから感性を磨くことが大切です。

プロに学ぶコーディネーショントレーニング

女性

コーディネーショントレーニングは、スタイリングをプロに学ぶことができます。その人が持つ個性をいかにして引き出すかがスタイリストの腕にかかってきます。感性というのは、コーディネーショントレーニングを重ねることによりある程度磨き上げることができるようになります。現場に出たら競争社会が待っているので、専門学校生のうちにやるべきことは、訓練を重ねておくことです。スタイリストは瞬発力が求められる仕事なのです。

画像編集ソフトを使いこなせるようになる

スタイリスト

就職をする上で武器となるのが、パソコンスキルです。スタイリストはメイクができて、コーディネートができればよいという考え方は、すでに過去のものとなりつつあります。スタイリストの仕事は現場だけでなく、デスクワークも求められます。撮影が終われば、画像の処理などの仕事が待っているので、PCスキルがあると仕事の幅を広げられるので専門学校で学んでおくことです。特に、駆け出しの頃は事務作業を任されることが多いので、PCスキルは必須です。

広告募集中